箱入り猫とOh坊さん

アクセスカウンタ

zoom RSS 初体験

<<   作成日時 : 2009/01/16 14:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

数十年の人生の中で初めての出来事。
一日中緊張し、体験者の友人にこっそりチャットを送って教えを受けてみたり。

まず、何を身につけていいのかもわからない。

「なんでもいいですよ。ユニクロだって」
と友人は落ち着かせてくれるけれど、やはり緊張する。

昨日は、とうとうフィットネスに行ってしまった。
先日、セールでセーターを買おうと思って伊勢丹に行ったところ、試着をしてみるとなんじゃこりゃってな感じで。体のラインが丸見え。つまり、ぴっちぴっち。

「ここのセーターは、以前はちょうど良かったのになぁ。太ったのかなぁ」
と独りごちる私に
「最近の若い人はチョー細いですから、同じ9号サイズでも以前より細めなんですよ」

そうか、もうあのブランドの服は買えない、買わない。

体が重くなったのは確実。堅くなったのも確実。体力が落ちたのも確実。

そろそろ潮時か・・・
とフィットネスの情報を集め始めた。

そもそも金払ってまで運動するのってどうよっていうのが、私のどこかにあった。

しかし、もっと身軽になりたい。正座も長く続けたい、という気持ちが勝ったよう。
都会に住む人間、都会らしく行こうぜと。

しかしなにぶん全てが初体験なもんで、お上りさん状態。
どこで靴を履き替えるんだかもよくわからず、どうも土足禁止のところを土足で歩いていた。
シャワーを浴びに行く時は、どこで服を脱ぐんだ?とか。
周りをきょろきょろしながら、ついていく。

まずは、歩くマシーンに乗ってみた。
けっこういける。楽じゃん。でも、走っていないせいかも。
テレビを見ながら、ベルトが動くままに足を動かす。
いきなり都会人になった気がした。
みんな同じ方向むいて、イヤホンから流れるテレビの音に笑っていた。
ベルトの上で歩くというのは、深く考えずに臨む方がいいとみた。

降りてみると、くらくら。足が地についていない感じ
ここで、こけるわけにはいかないと、頭をまっすぐに踏ん張る。

後は、お腹のためのマシーンだとか、腕のためのマシーンだとか、背中のためのマシーンだとか、ちょこちょことお試しにさわって歩く。

でもって、「アクティブ・ヨガ」のクラスが始まるというので入ってみた。
据え置きのヨガマットをひいて座っていると、集まっている人がバラバラと柔軟を始める。
柔らかいぜ、みんな。
ペタッってお腹を床につけてみたり、ポーズ取ったりしている。

やばい。ここは私がいる場所ではない。
と、急いでマットを丸め始めると、「あら、もう帰っちゃうの?」

一人の初老の女性が通りすがりに声をかける。

「いや、その、あの、はい・・・やります・・・・」
まるで、授業をふけようとした高校生が教室を出たところで教師と鉢合わせしたよう。

なんせ、緊張していた私。

はい、一時間、たっぷりと体を伸ばしました。
いえ、伸ばす努力をしました。
私、堅いです。

さて、いつまで続くやら。

みなさん、今度会った時に、私を見間違えないでね。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
 
ほほう、美貌増加計画を実施なのね。いまでも
十分に知的美貌も外見美貌も性格美貌も十分に
お持ちですのに(^_^)b

 
つうつう
2009/02/02 21:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
初体験 箱入り猫とOh坊さん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる