箱入り猫とOh坊さん

アクセスカウンタ

zoom RSS 求不得苦

<<   作成日時 : 2008/12/24 18:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


Sがいうには、『ナイチンゲールの沈黙』は『ジェネラルルージュの凱旋』の裏話だから、ナイチンゲールを読まないとジェネラルルージュには進めないらしい。そして、Sは強く言い放つ。

「ナイチンゲールの沈黙を読み終わったんなら、すぐにジェネラルルージュの凱旋を読んでください」

Sの忠告は概ね的を射ているので、既に読了後数日が経過しているが本屋へ行ってみた。

とはいえ、まずは事務所の近くの本屋へ。
おもしろそうな文庫本が並んではいるが、海堂尊のかの字もなかった。

仕方なく、まずはビルマのお坊さんのお話を聴く会へ向かう。

しかし、連絡の行き違いでお話しを聴く会はキャンセル。すみませーん。私呼びかけ人なんすけど。
集まった人間だけでおしゃべりして解散。

事務所に早めに帰ったものだから、もう一軒の本屋に向かって門仲方面へ足を運ぶ。
しかし、うろ覚えの本屋が見あたらず、結局、門仲まで行ってしまった。

私、経った今、門仲の駅を通過してきたところだったのにと思いつつ、覚えのない本屋を見つけて、入ってみると・・・あるじゃないですか、『チームバチスタの栄光』と『ナイチンゲールの沈黙』。平積みっすよ。

しかし、お目当てのものが見あたらない。平積みをどけても見あたらない。
しょうがないので店員さんに聞いてみると、パソコンをはじいて一言「まだ文庫本にはなっていませんね」

そんなはずがないと思って、Sに電話する。
・・・・・_
電波が届かないところいるらしい。
知り合いでもっともパソコンの近くにいそうなのに電話する。
「今、パソコンの近く?」
「いいえ」の一言。

どのみち、単行本もおいていなかったので事務所に戻る。
何やっているんだか。

事務所まであと数分というところに、黄色いビニールの庇が伸びている店があり、「本」と大きく書かれてあった。
あれ、本屋?
近づいてみると、庇の正面には大きくBOOKSとまで書いてある。

なんでさっきは気づかなかったのだろうと思って店に入ろうとすると・・・店内には飲料水の展示がしてあった。既に電気が落ち、薄暗い中に飲料水タンクが静かに立っていた。
庇の古さと店内のタンクの新しさが、よそよそしく見える。

事務所の近所の本屋にもう一度寄って単行本のコーナーを探すが、そもそも単行本のコーナーがなかった。

こんな日もあるのだろう。
事務所に戻る前に、おやつを買っていこうと思って、オリジン弁当に寄ってみた。
先日、おでんをお昼に買おうと思ったら、「午後から煮込みます」と言われたのを思い出したので。

店内は、クリスマス用のチキンの山。
その陰におでん用の鍋があったのだが、そこには「ただいま仕込み中」の一言が。

・・・クリスマスイブが始まろうとしていた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
求不得苦 箱入り猫とOh坊さん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる