箱入り猫とOh坊さん

アクセスカウンタ

zoom RSS 戦場でワルツを

<<   作成日時 : 2010/01/01 22:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

戦場でワルツを。イスラエル制作のアニメーション。

イスラエル人のある男性、アリが、友人との会話で気付く。
「サブラ・シャティーラの虐殺の日の記憶がない」と。

この日、アリは確かにベイルートにいた。
しかし、記憶がすっぽりと抜け落ちていた。

記憶を取り戻すための旅に出かけるアリ。アリが思い出すものは・・・。

この映画をイスラエル人の監督が制作したというのがすごい。
加虐の歴史を思い出すことで人間性を取り戻そうとしている。

もしかすると、加虐の歴史を受け入れることが、今のイスラエル人にできることの精一杯のことなのだろうか。
まずはそこから始めないと、彼ら自身が爆発してしまうのかもしれない、と思った。

生の映像とアニメーションが不思議とうまく情景を生み出していた。

最後のシーンでは、涙が止まらなかった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
戦場でワルツを 箱入り猫とOh坊さん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる