箱入り猫とOh坊さん

アクセスカウンタ

zoom RSS この温度差は?

<<   作成日時 : 2008/08/29 13:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 とても残念なことに、アフガニスタンで拉致された伊藤さんが、遺体となって発見されてしまった。同じ地域では、知り合いが別の団体で活動していたこともあり、拉致ニュースが流れてから気になっていたけれど、まさかこんなにも早く殺されてしまうとは・・・。

 その残念な気持ちを横においてこの状況を見ると、一番気になるのが、数年前のイラクにおける人質事件の時と政府関係者の発言にしろマスコミ報道のあり方にしろ、どうしてこうも違うのだろうかということ。

 あれだけ言われた「自己責任」「自業自得」という言葉を全く耳にしない。
 身代金などの条件を出されることもなく、事件が終わってしまったという時間の問題だろうか。
 個人行動ではなく、「ペシャワール会」というある程度名前が知れ渡った団体のメンバーだったためだろうか。

 伊藤さんの功績が称えられるのはありがたいことだし、ペシャワール会が活動を続けるという姿勢を示したことを社会がサポートするのは伊藤さんにとっても嬉しいことだろう。

 ただ、どうしてこうも社会や人の反応が違うのかというのが気になる。
 イラクの子どもたちのために活動していた高遠さんは、鬱になるまで責められ続けたのは何だったのだろうか。
 政府関係者やマスコミは、この温度差を自覚しているのだろうか。

 この間に政府が、アフガニスタンへの軍事協力を強めようとしているのも気になる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
この温度差は? 箱入り猫とOh坊さん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる