箱入り猫とOh坊さん

アクセスカウンタ

zoom RSS 越前紀行1

<<   作成日時 : 2008/02/12 23:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

知人のトーテムさんが永平寺に修行に入って、はや一年過ぎようとしている。
3月1日には下山するとのことなので、その前に永平寺に行こうと極寒?越前に足を運ぶ。
一度は行ってみたい永平寺でも、なかなか福井県まで行くことはない。思い切って、冬の日本海を楽しみに行く。

福井に着いて、越前鉄道に乗り換えて永平寺へ。
一両電車なんて久しぶり。でも長いから、一畑電鉄の2両編成電車よりも案外長いかも。
(注:一畑電鉄とは、松江から出雲に走る、小振りな私鉄)

久々に車掌さんに遇う。
よく見れば、車両の横にも「アテンダント」と書いてある。
車掌さんが、切符を切ってくれたり、いろいろと教えてくれる。この人たち、どうも「えちぜんローカル線ガールズ」と呼ばれているらしく、可愛く若い女性ばかり。流行なのか、みんな長い髪を頭の横で束ねていた。ついでに、えいぜん鉄道キティのストラップも売っていたけれど、これは鉄道小僧に任せようと買わなかった。

途中、越前開発という駅を過ぎる。
ここ、えちぜんかいほつ と読むらしい。開発を「かいほつ」と読むなんてなんて仏教的なの!と、永平寺に着く前に感動。
のどかな越前鉄道で永平寺口まで行き、そこからバス。
永平寺に着くまで、誰も降りなかった。以前は、鉄道が通っていたという田園の中を、バスはひたすら走り永平寺まで。
門前町を過ぎればすぐに永平寺。
予想以上に娑婆に近いんだ。参拝客も途絶えない。
予想以上に修行僧は娑婆の人間に接するんだ。

と、緊張感は全くなしに永平寺の参籠受付に向かう。
修行僧による丁寧な受付ののちに、トーテムさんに約一年ぶりに再開する。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
越前紀行1 箱入り猫とOh坊さん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる