箱入り猫とOh坊さん

アクセスカウンタ

zoom RSS 年相応

<<   作成日時 : 2007/07/11 01:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

実年齢をいうと驚かれることがある。
その驚きが
「へえもっと年かと思っていた」
なのか
「えっそんなに年なの?」
かどうかは定かでないんだけど。
人によって、若く見てくれるときもあれば、もっと年かと思ってくれているときもある。
一体私は何歳なんだろう?

7月に入り、ショッピング界ではサマーセール真っ盛り。こんな時にしか服が買えないなって、一応足を運んでみる。
しかし、問題はどこでどんな服を買ったらいいのか?
例えば、小田急百貨店に行くと、2階と3階は「ヤングキャリア」4階は「キャリア」
つまり、2階と3階の品物は、比較的に流行を追っているけれど、価格も比較的に手頃。
しかし4階に行くと、けっこうスタンダードな路線を行きながら、でも流行も取り入れ、ついでに価格もお高め。

たいしたキャリアも収入もない私としてみれば、2階、3階で買うのが無難なのだけれど、どうも試着してみると違和感があったりする。顔や雰囲気、もしくは世間的に期待される姿と違うものが出てくるからなんだと思う。
かといって、キャリアコーナーに行くと、身分不相応な感じもあり、かつ価格的にも手が出なかったりする。

中途半端。

年相応に見せるところがとても曖昧。
なんていうんだろう「ミセス」とか「婦人」と呼ばれるには子どもであるが、「お嬢ちゃん」と呼ばれるには年食っている。
そんな曖昧模糊とした私を抱えながら、婦人服売り場をさまよう私。

幸いにも、何も特別なことがない限りにはジーパンにTシャツで良い職場にいることが、せめてもの救いであったりして。
感謝。
(世間的にどうかは別にして)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私も先日婦人服売り場をさまよった・・・
年相応に見えるかどうかは?だけど、勢いで服を買った。
だけど、家に帰って買った服を着て鏡の前に立つと
どうも違う。
何が違うって?
お店で試着したときの鏡に写った自分の印象と違う。
Why?
こんな経験ない?

せっかく買った服・・・この先着るかなぁ
ポウセ
2007/07/11 22:36
ボウセさん、
鏡が違うのよ、きっと。
でもね、そうなんだよね・・家に帰ると我に返るっていうのか、お店で感じた興奮が消えているってことあるよね。
新しい服も着ているうちになじまないかなぁ・・・。

という私も、あまり着ることもなく、フリマに提供しちゃった服はあります。

2007/07/11 23:34
 南さんご指摘のように、お店の鏡と一般家庭用の
鏡とは、違います。

 私なんぞは、息子や若い甥っ子のお古の服を、
もったいない という理由で、着ています。
 それを、着用して、この間、野球の試合で
ドームに娘と観戦に行ったとき、隣の青年が、
私と娘がカップルだと思ったようでした。
 私はうれしいけど、娘の方は嫌だったみた
い、そりゃ、とうぜんだけどね。

 だから、若く見えるような服を買った方がいい
ですよ。
 なじまない服でも、なじませるように工夫すると
ちゃんと着られますわ。
 
 
 
つうつう
2007/07/12 00:19
やっぱり!!
鏡が違うんですね。納得。

若く見える服を買ったほうがいい・・・
そうかもしれませんね。
というか・・・無意識に今までもそうしてたかも???

ポウセ
2007/07/12 08:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
年相応 箱入り猫とOh坊さん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる